» 2014 » 4月のブログ記事

思春期ニキビができて悩んでいる若者がいますよね。でも大人でもニキビできますよね。思春期ニキビと大人ニキビと何が違うのか、調べてみましたよ!

まず、思春期ニキビですが、この場合は、皮脂が過剰に分泌している、偏食しがちや、使っているコスメが合っていないなどが挙げられます。

過剰な皮脂分泌というのは、大人でも子供でもよくありません。肌荒れの原因になりがちです。

思春期ニキビは、ホルモンバランスの乱れと、遺伝などが主な原因になっています。

でも、多くは遺伝的な体質によるものとされているようですね^^;

皮脂が多く分泌されると、それをエサにしてアクネ菌、ブドウ球菌が増殖。そして毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まり、炎症を起こすことで赤いニキビができてしまいます。

大人ニキビは、主にストレス・生活習慣の乱れが原因になっています。特に、毎日の生活の中でストレスや疲れや、睡眠不足などが重なってくるとニキビができてしまいます。

それから、肌のターンオーバーが上手にできなかったときなどもニキビになるそうです。

思春期ニキビも大人ニキビも、食生活には気をつけましょう。脂っこいもの、甘いものなどの食べ過ぎには十分に注意します。そして良い睡眠をとる。適度な運動で汗をかくことも大事です。