» 2017 » 7月のブログ記事

今日本全国を騒がせているヒアリですが、もし刺されてしまったらどうしたら良いのでしょうか?
こちらでは応急処置や治療法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

環境省のホームページによると、ヒアリに刺された場合は刺されてから20~30分間は安静にするようにしましょうとのことでした。
そして体調に変化があるようであれば、病院に行って受診してもらうようにしてください。
どうやらヒアリに刺された場合の容態変化は急激に来るようなので、とにかくいちばん近い病院へ行ってくださいとのことです(救急受け入れのある病院なら尚良しとのことです)

また、お医者さんに診てもらうときに、ヒアリを実際に見てもらったら良いということも書かれてありました。
もちろんヒアリをそのまま生きた状態で持っていくのはダメです。
素手で掴むなんてのはもっての外!
熱湯や殺虫スプレーをヒアリにかけてヒアリが死んだことを確認してから、セロテープでヒアリを包んでしまいます。
そして小さな小瓶や透明の小袋に入れて持っていくようにすればいいとのことです。

刺された虫がヒアリかどうか判断してもらうために専門機関にもっていくときもこの方法で採取すればいいとのことでした。